オシャレな注文住宅-今人気のサーファーズハウスの魅力とは-

2022年06月20日

オシャレな注文住宅-今人気のサーファーズハウスの魅力とは-

家づくりを検討される際に重要なのがデザインテイスト。どのようなデザインにしたいのかを決めることで、家の雰囲気が大きく変わります。また、デザインテイストを決めることで、内装材やインテリアを選びやすくなります。

今回はHOLIDAYSでも人気の「サーファーズハウス」をご紹介します。海をイメージさせる外観・内装とカジュアルでおしゃれな雰囲気が魅力です。

この記事では、サーファーズハウスの特徴や建築する際のポイントなどをお伝えします。海やサーフィンが好きな方はもちろん、家づくりをご検討されている方は是非プランニングの参考にしてください♪

  • サーファーズハウスとは?

    サーファーズハウスとは?

    サーファーズハウスとは、アメリカ西海岸のカリフォルニアテイストの住宅のこと。
    明確な定義はないですが、「サーフィンなどといったマリンスポーツ用具の収納」「ウッドデッキ」「ガバードポーチ」などを取り入れ、サーフィンを楽しむ人を想定したつくりになっています。

    最近では、サーフィンや海には関係なく、家のつくりやデザインテイストが気に入り取り入れる方が増えています。
    サーファーズハウスは、海をイメージさせるようなオシャレなデザインだけではなく広々とした空間や動線を意識した間取りなど最近注目を集めています。

    カリフォルニアテイストの雰囲気が好きな方やサーフィンが好きな方はもちろん、開放的な空間でゆったりと過ごしたい方や、趣味を愉しみたい方にもおすすめです。

  • サーファーズハウスの特徴

    サーファーズハウスの特徴

    先ほど紹介したように、サーファーズハウスには明確な定義はありませんが、インテリアや色のポイントを押さえることで家全体のデザインがまとまります。 ここでは、サーファーズハウスを建築する際に抑えておくとよい外装・内装・間取りのポイントについて紹介します。

    ■開放的な空間
    広めの収納スペースの設置や仕切りのない部屋といった開放的な間取りになっています。さらに「部屋間の移動が楽になる」「アウトドアグッズや大きな家電などの収納がしやすい」といったメリットがあります。家族や友人を招いてゆったり過ごしたり、趣味を楽しみたい人におすすめです。

    ■ガバードポーチ
    ガバードポーチを取り入れることによって一気にサーファーズハウスを感じさせます。ガバードポーチは屋根に覆われたポーチやデッキのことです。広めのバルコニーと一緒に設置されることが多く、強い日差しを遮ってくれるので、バルコニーはもちろん部屋の中でも快適に過ごすことができます。様々な用途で使うことができるので、キャンプなどのアウトドアが好きな方におすすめです。

    ■アプローチ・ウッドデッキ
    室内からアプローチ・ウッドデッキなど、室内から外へ繋がりを作り、外へと開かれた空間はサーファーズハウスにぴったりです。 また、庭には芝生を使ったり、アプローチには白やベージュの色を取り入れることでより海岸の雰囲気を作ることができます。

    ■土間スペース
    サーファーズハウスには、マリンスポーツ用具等の収納スペースを設けるために広めの土間スペースを取り入れることが多いです。また、アウトドアグッズや自転車、ベビーカーなどの収納としても活用することができます。

    ■屋根の形状や勾配天井
    強い日差しを避けるため、家全体の重心を低くし平べったい屋根で覆うことが特徴です。一般住宅とくらべて屋根が低くなるので平屋として建設されることが多く、2階がない分ロフト・勾配天井・吹き抜けなど縦空間を活かした間取りに仕上がります。

    ■白・青を中心とした色
    インテリアの配色の定義はありませんが、海を彷彿させる爽やかな色が使われます。南国や海沿いのような雰囲気を楽しむことができます。

  • サーファーズハウステイストにする時のポイント

    サーファーズハウステイストにする時のポイント

    ここまでは、サーファーズハウスの説明や特徴についてご紹介しました。おしゃれな外観に加え、開放的な間取りでとても魅力的なサーファーズハウスですが、建てる際に注意する点があります。ここでは、サーファーズハウスを建てる時のポイントについて3つ紹介します。

    ■断熱性や遮音性
    サーファーズハウスの特徴で開放的な間取りになっていることが多い為、夏の暑さ・冬の寒さ対策が必要です。夏はシーリングファンや遮光ブラインドを取り付けると冷房の効率を上げることができます。冬は、壁や床に断熱材を導入し断熱性を高めると快適に過ごせます。 また、屋根を低く設計するケースが多い為、雨音が目立ち、音が気になる可能性が高いです。どちらの問題も事前に設計士に相談するといいでしょう。

    ■採光・通風
    採光・通風についても屋根が低いと光や風を取り入れるのに必要なスペースが十分に確保することができません。採光と風通しを確保できるよう事前に設計士に相談しましょう。サーファーズハウスでは、採光・通風を確保するのに吹き抜けを採用するのが効果的です。また、吹き抜けをつくることによって、サーファーズハウスらしい開放的な空間を演出することができます。

    ■土地の選び方
    サーファーズハウスは、ガバードポーチや庭を取り入れることが多い為、南側にスペースを確保できるような広めの土地を選ぶようにしましょう。また、平屋のサーファーズハウスを建てたい場合はさらに広い土地が必要です。土地の形状によって間取りやプランの自由度が広がります。自分達が理想とするサーファーズハウスを実現する為には、土地選びが非常に重要です。土地選びからサポートしてもらえる施工会社に依頼することでスムーズに家づくりが進むでしょう。

  • まとめ

    まとめ

    今回は、サーファーズハウスの魅力や建築のポイントをお伝えしました。日本の一般的な住宅とは異なったデザインや仕様ですが、ポイントを抑えれば建築自体は難しいものではありません。

    サーファーズハウスは、サーフィンやマリンスポーツの趣味がある人だけではなく、家のつくりやデザインが気に入り取り入れられる人気のテイストです。外との繋がりを感じられる開放的な空間になっているので、リラックスした快適な生活を送ることができます。 サーファーズハウスは、趣味やライフスタイルを活かしたおしゃれなデザインにすることができます。気になる方は是非HOLIDAYSにご相談ください。
    HOLIDAYSでは、お客様のライフスタイルにあったお家づくりのご提案をさせていただきます。高い性能とデザインを両立した住宅が叶えられますので、家づくりを検討されている方は是非お近くのスタジオにお越しください!!

家のことなんでも、
お気軽にご相談を。

住宅ローンや土地探し、資金計画など、
家づくりに関するご相談は何でも受付けております。
店舗やモデルハウスにお気軽にお越しください。

愛知県でライフスタイルを考慮したデザイン性と高気密高断熱な住宅性能を両立するHOLIDAYSが発信する、注文住宅のお役立ちコラムです。注住宅のアイディアや間取りの工夫だけでなく、土地探しや資金計画、住宅ローンに関わるコラムも掲載しています。愛知県でオシャレで高性能な注文住宅をご検討されている方、是非ご覧ください。