家の換気システムについて~24時間換気・全館空調は必要!?~

2022年01月31日

家の換気システムについて~24時間換気・全館空調は必要!?~

住まいの購入の際に、「24時間換気」という言葉を目にしませんか?
最近は、新型コロナウイルスの影響もあり、「換気」を気にされている方も多いかと思います。「換気」を行うことで新鮮な空気が漂い、快適な生活を送ることができ魅力的に感じますよね。しかし、「24時間換気]とはどうようなものでしょうか。
今回は、新しい住宅には、必ず設置されている「24時間換気」の概要・種類をご説明した上で、全館空調の必要性について解説いたします!新築住宅をご検討されている方は、是非参考にしてみてください。

  • 24時間換気ってどのようなものなの?

    24時間換気ってどのようなものなの?

    24時間換気とは、窓を開けなくても外の空気を取り入れ、常に空気の入れ替えが行われる仕組みのことをいいます。一般的な目安として、1時間で約半分の空気が入れ替わるようになっています。
    24時間換気システムは、2003年の建築基準法改正により、現在はすべての住宅で導入が義務付けられるようになりました。これは、近年の建築技術の進歩によって住宅の高気密・高断熱の重要が高まったことで、建築資材に含まれるホルムアルデヒドの化学物質やダニ・ホコリが室内に溜まりやすくなり、頭痛などの症状を伴うシックハウス症候群を引き起こす原因となるからです。そのため、シックハウス症候群を予防として、全ての住宅に24時間換気システムが導入されています。 24時間換気は、そういったシックハウス症候群を予防し、毎日の生活を快適な暮らしに実現することができます。

  • 24時間換気システムの種類

    24時間換気システムの種類

    全ての住宅において、24時間換気の導入が義務付けられていますが、実際にどのような換気方法なのでしょうか。 ここでは、24時間換気システムの仕組み・種類を説明いたします。

    ■第1種換気 第1種換気は、給気と排気ともに換気扇等の機械換気装置をつける方法です。機械で換気を行う為、自然換気よりも高い効果が期待でき、常に効率よく換気をすることが可能です。 しかし、第1種換気は給気・排気ともに機械を利用する為、設置費用や電気代が高くなる可能性が高いでしょう。また、メンテナンスの手間がかかりやすいというデメリットもあります。

    ■第2種換気 第2種換気は、給気のみ機械換気装置をつける方法です。排気は自然に排気口から行うため、空気を取り込む力のほうが強くなり、室内が正圧状態になります。正圧状態になると、新しい空気が古い空気を押し出し、常に新鮮な空気の状態を維持することができます。そうすることによって、窓やドアを開閉してもホコリや菌が入りにくくなり、清潔な空間を保つことができるので工場のクリーンルームや無菌室等で使われます。 ただし第2種換気は、室内の湿度が壁の中や室内に溜まりやすいというデメリットがあり、一般的には住宅ではあまり利用されません。

    ■第3種換気 第3種換気は、排気のみ機械換気装置をつける方式です。空気を排出する力の方が強くなるので、外気より室内の方が気圧が低い負圧状態になります。負圧状態になると、湿気がたまりにくく、また、第1種換気よりもコストを抑えられるといったメリットがある為、住宅で最も利用されている換気方式です。 ただし、給気が自然換気となると外気の温度に影響を受けやすく、家庭によっては寒いと感じることがデメリットとして挙げられます。

    ■どの換気方式がおすすめなの? どの換気方式にするかは、ご家庭の状況や、何を重視するのかによって異なります。 【第3種換気がおすすめの方】 一般的に住宅において最も採用されている第3種換気ですが、一番魅力的なのは金額を抑えることができる点です。給気・排気ともに機械換気で行う第1種換気に比べて、導入・ランニングコストが安いので、金額をかけずに換気を行いたい方は第3種換気がおすすめです。 【第1種換気がおすすめの方】 第1種換気は、給気・排気ともに機械で行う為、効率よく質の高い換気ができます。室内の空気環境にこだわり、より健康に配慮した家づくりを望まれる方には第1種換気がおすすめです。さらに、第1種換気は熱交換換気装置を備えることができます。室内の温度に合わせて給気を行うことができるので、室温を保ちながら換気を行うことができ、熱い夏や寒い冬には非常に効果的です。 また、第1種換気を導入しているであれば、全館空調を取り付けることが可能です。全館空調と聞くと温度が一定に保たれ、とても魅力的に感じます。HOLIDAYSでも全館空調を取り入れるお客様が多いです。最後にHOLIDAYSの全館空調についてご紹介いたします。

  • HOLIDASYの注文住宅は全館空調の搭載が可能

    HOLIDASYの注文住宅は全館空調の搭載が可能

    住宅に全館空調を導入することで、24時間同じ温度と湿度に保ったまま快適な生活を送ることができます。ここでは、HOLIDAYSの全館空調を紹介いたしますので、参考にしてみてください。

    ■全館空調とは 全館空調は、居室だけでなく、玄関からトイレ、脱衣所を含めた家全体を冷暖房・除湿・加湿し、24時間換気を行うシステムのことです。家中の温度と湿度が一定になり、家のどこにいても快適な住環境を実現できます。 ここからは、HOLIDASYの全館空調3つのポイントについてお伝えします。

    ■1 健康 全館空調を導入することによって、家中が一定の温度に保たれる為、温度差で起きるヒートショックの予防に効果的です。また、夏は室内でも発生しがちな熱中症のリスクも軽減できます。

    ■2 経済的 一般的な空調システムのように大型の空調設備を導入する必要がなく、家庭用エアコン1台で家中の空調が可能です。

    ■3 自由な設計が可能 従来の空調システムのように設置する場所が決められていないので、空調設備を気にせず、自由に間取りの設計を行うことができます。

  • まとめ

    まとめ

    今回は24時間換気についてご紹介しました。現在の住宅には24時間換気システムの導入が義務付けられていますが、どの換気システムを導入するのかはご家庭の環境や予算を踏まえ考えることが大切です。 HOLIDASYの全館空調なら、家全体を冷暖房・除湿・加湿・24時間換気を行い、1年中快適な室内で過ごすことが可能です。 全館空調を搭載した期間限定モデルハウスもございますので、是非一度HOLIDASYの性能をご体感ください。

家のことなんでも、
お気軽にご相談を。

住宅ローンや土地探し、資金計画など、
家づくりに関するご相談は何でも受付けております。
店舗やモデルハウスにお気軽にお越しください。

愛知県でライフスタイルを考慮したデザイン性と高気密高断熱な住宅性能を両立するHOLIDAYSが発信する、注文住宅のお役立ちコラムです。注住宅のアイディアや間取りの工夫だけでなく、土地探しや資金計画、住宅ローンに関わるコラムも掲載しています。愛知県でオシャレで高性能な注文住宅をご検討されている方、是非ご覧ください。