ZEHZEHとは?

地球と家計にやさしい暮らし 地球と家計にやさしい暮らし

次世代省エネ基準の
さらに先を行く家づくり
優れた快適性を維持しながら、省エネにも配慮し、長く住み続けられること。
それが住まいの未来のカタチ。
HOLIDAYSでは2020年度から始まる「省エネ基準適合住宅の義務化」に向け、
住む人にも環境にも家計にもやさしい「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」を実現。
key point

ゼロエネルギーハウス(ZEH)

ゼロエネルギーハウス(ZEH)

家庭でのエネルギー収支を「ゼロ」にする、これからの暮らしのスタンダードになる住まいです。
住宅の断熱性能を高めたり、効率的な省エネ設備を活用することにより消費するエネルギーを減らし、
太陽光などの再生可能エネルギーでつくったエネルギーを使うことにより、
年間の一次消費エネルギーの収支がゼロになります。
政府がZEHの普及を進めており、
住宅のゼロエネルギー化はこれからのスタンダードになり、
「自宅でエネルギーを創って、使う時代」がすぐそこまで来ています。

ゼロエネルギーハウス(ZEH)のメリット

  • 1. 家計にやさしい

    家計にやさしい

    高い省エネ性能で光熱費を抑えます。
    太陽光パネルを活用することで、売電収入も期待できます。

  • 2. 健康的に過ごせる

    健康的に過ごせる

    省エネ性能を高めるためには断熱性・気密性が必要不可欠。
    温度差の少ない住まいになり、身体への負担も軽減できます。

  • 3. 資産価値の維持

    資産価値の維持

    ZEH認定され、断熱性能や気密性の高い建物は寿命が長くなり、結果資産価値は落ちにくくなる可能性があります。

  • 4. 災害時にも安心

    災害時にも安心

    万一の災害や停電時も安心。
    太陽光システムは、災害時にも非常電力として活用できます。

長期優良住宅とは?

世界一の長寿国にもかかわらず、日本の住宅は約30年のペースで建て替えられています。
日本の住宅は世界に比べてとても短命なのです。

建てては壊す「消費型」という流れから、
長く住み続けられる「ストック型」住宅への転換を目指して、
長期優良住宅制度はスタートしました。

住宅を長期にわたって使用する「ストック型」住宅にすることで、
住宅の解体や除去に伴う環境への負担を軽減するとともに、
建替えコストによる住宅に対する国民生活の負担も軽減し、
より豊かでエコな暮らしを実現することを目的としています。

長期優良住宅に認定させるとフラット35の優遇金利の適応や、
住宅ローン減税、その他補助金など、様々な制度の利用が可能になります。

HOLIDAYSは長い間、快適に安心して暮らせる住まいを建築しており、
長期優良住宅の認定基準をクリアできる住宅を建築できます。

認定を受けるためには8つの基準をクリアしなければなりません。
  1. 劣化対策構造や骨組みのしっかりした、長く安心して暮らせる構造
  2. 省エネルギー性次世代省エネルギー基準をクリアした住宅性能
  3. 耐震性HOLIDAYSでは阪神淡路大震災の1.5倍の地震に耐えうる耐震等級3相当を基準とし建築しています
  4. 住戸面積専有面積55㎡以上(地域により40㎡を下限に変更可)での建築が認定には必要です
  5. 居住環境街の景観を壊すことのない、街並みと調和したデザインをご提案
  6. 住宅履歴情報の整備点検・修繕・リフォーム等の情報を適切に蓄積・活用できる仕組みを用意しています
  7. 維持管理・更新の容易性住宅の内装や設備の管理を容易に行うため、しっかりとした計画を立てます
  8. 維持保全計画少なくとも10年ごとに点検を実施すること

POINTHOLIDAYSの家づくり

CONTACT USHOLIDAYSへのお問合せ