SAFETY耐震性について

「耐震等級3」相当 「耐震等級3」相当

優れた耐震性と耐久性をあわせもち、
安全に、安心して暮らせる住宅を
ご存知でしょうか。世界で起こる巨大地震の5回に1回が日本で発生していることを。
日本の住まいにおいて、安全に安心して暮らすためには、優れた耐震性と耐久性は必要不可欠です。
HOLIDAYSで建てる注文住宅は「耐震等級3」相当の地震に強い住まい。
key point

「耐震等級3」相当の耐震設計

「耐震等級3」相当

HOLIDAYSは住宅性能表示における
耐震性能の最高等級「耐震等級3」相当の優れた耐震性能を実現。
避けられない地震や台風から家族を守ります。
※申請により「耐震等級3」の取得が可能です。
※耐震等級3相当は間取図面によって異なる場合もございます

耐久性と設計自由度を両立した
「木造軸組パネル工法」

木造軸組パネル工法

伝統的な木造住宅の工法である木造軸組工法の一歩先を行く、
木造軸組パネル工法で建築。
木造軸組工法の良さをそのままに、外周部にパネルを貼り「点と線と面」で建物を支え、
耐久性を高めるとともに、設計の自由度も両立させています。

制震ダンパーを標準装備

制震ダンパー

地震や台風による建物の揺れを軽減する「制震ダンパー」を標準装備。
建物の倒壊を防ぐだけでなく、壁などの損傷を抑えることもでき、繰り返す地震や台風に効果的です。
揺れを吸収するので人が感じる恐怖感も少なく、ご家族に安心を与えます。
標準装備に使用しているのは、住友ゴム工業株式会社製「木造住宅用制震装置マモリ―」。
施工性が高く、設計の自由を損なうことなく、約60年にわたり効果を発揮します。

建物の耐力を高め、揺れを分散「ベタ基礎」

ベタ基礎

建物の荷重を地面に対して面で支える「ベタ基礎」を採用。
建物の荷重を基礎全体で分散して受けとめ、不同沈下を抑えます。
地面をコンクリートで覆うことにより、
地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリ(害虫)の侵入も防ぎます。

構造計算を実施

HOLIDAYSで建てる建物は、構造計算を実施。木造住宅は、
他の工法に比べて間取りの自由度の高さから耐震強度が強い部分と弱い部分が生まれます。
地震に弱い建物とならないように設計段階で住宅の構造計算を実施しています。
※構造計算はSSV(LIXIL認定の設計検査)取得時に行います。ご希望にあわせて構造計算を行います。全邸壁量計算を行っております。

構造計算を実施

現在の建築基準法では木造2階建住宅(200平方メートル未満)には構造物の安全性を確認するのが目的の構造計算が 義務づけられていません。つまり、構造計算を実施しなくても建築基準法上、何ら問題はないわけです。ただし、木造住宅の場合、間取りの自由度が他の工法に比べ高いため、間取りによっては地震に強い建物、弱い建物が存在してきます。HOLIDAYSでは、こうした地震に弱い建物とならないように、 安心して暮らしていけるよう、設計段階で構造計算を実施し、安心した住まいを提供します。

構造計算とは?

家の規模や階数に関わらず、安全・強さを確認するため下記チェックポイントを、構造計算により1つ1つ確かめます。

  • 鉛直荷重
    鉛直荷重

    人や家具の重さに耐えうるか?

  • 風荷重
    風荷重

    台風や強風に耐えうるか?

  • 地震荷重
    地震荷重

    地震に耐えうるか?

  • 層間荷重
    層間荷重

    地震や台風により変形にどこまで耐えうるか?

  • 偏心率
    偏心率

    地震などにより建物がねじれやすくないか?

  • 剛性率
    剛性率

    建物全体の強度のバランスはとれているか?

地盤改良を実施

地盤改良を実施

地盤が弱いと不同沈下を起こし、地震時に建物への被害が拡大する要因となります。
そうした被害が起きないよう、地盤調査をした上で、地盤の性質にあった基礎を設計することが必要です。
HOLIDAYSでは建築前に地盤調査を行い、その土地に最適な改良を行うことによって、
より長く安心して住むことのできる家を提案しています。

POINTHOLIDAYSの家づくり

CONTACT USHOLIDAYSへのお問合せ