SAFETY耐震性について

「耐震等級3」相当 災害から家族を守る耐震性能

優れた耐震性と耐久性をあわせもち、
安全に、安心して暮らせる住宅を
ご存知でしょうか。世界で起こる巨大地震の5回に1回が日本で発生していることを。家には快適性と同様に、地震や台風などの避けられない災害から家族や財産を守る耐震性能・耐久性能が求められています。HOLIDAYSは耐震性能を向上させるために、新しい技術・工夫を積極的に取り入れ、災害に強い家づくりを心掛けています。
key point

「耐震等級3」相当の耐震設計

「耐震等級3」相当

HOLIDAYSは住宅性能表示における
耐震性能の最高等級「耐震等級3」相当の優れた耐震性能を実現。
避けられない地震や台風から家族を守ります。
※「耐震等級3」の認定取得には申請及び構造計算が必要です。
※プランによっては耐震等級3が取得できない場合があります。

耐久性と設計自由度を両立した
「木造軸組パネル工法」

木造軸組パネル工法

伝統的な木造住宅の工法である木造軸組工法の一歩先を行く、
木造軸組パネル工法で建築。
木造軸組工法の良さをそのままに、外周部にパネルを貼り「点と線と面」で建物を支え、
耐久性を高めるとともに、設計の自由度も両立させています。

巨大地震や繰り返す余震にも
強い高耐震パネル

熊本地震でも余裕でクリアする高耐震パネルを採用

熊本地震でも余裕でクリアする
高耐震パネルを採用

木造軸組パネル工法のパネルには、面材、枠材が一体化した高耐震パネル「コーチパネル」を採用しています。コーチパネルの魅力は何といってもその強度。震度7クラスの地震や繰り返し起こる余震にも余裕で耐え、大切なご家族、財産、建物を守ります。従来工法とは違い、地震や繰り返させる余震の力をパネル面全体で受け止め分散させるため、高い強度を誇ります。

壁倍率は驚きの4.7相当

建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値「壁倍率」は驚きの4.7相当。従来の工法に比べ、約2倍の耐力と約1.6倍の粘り強さを発揮します。この数値は、震度7強クラスの巨大地震や繰り返す余震にも耐えられるほどの強さです。巨大地震には、繰り返し来る余震がつきもので要注意。実際、熊本地震(2016年)でも本震には耐えられたが、余震で倒壊してしまったという事例が多数確認されています。そんな余震にも耐えうる力を兼ね備えているのがコーチパネルなのです。

壁倍率とは? 地震や風などの横からかかる力や、屋根に積もる雪の重さに耐えられる「構造的に重要な壁(耐力壁)の強さ」を表した数値。上限値は壁倍率5.この数値が大きいほど耐震性能が高いと言えます。

家の粘り強さとは? 地震や風などの横からの力が加わった際に、家が崩れることなく傾く力のことです。この力が弱いと、地震の揺れ、繰り返させる余震により、家の傾きに耐えられなくなり、倒壊します。

静岡県農林技術研究所での耐力壁の破壊試験の結果

静岡県農林技術研究所での耐力壁の破壊試験の結果

振動実験の様子

振動実験の様子

工場生産で安定した品質

建築現場で人の手でつくると、どうしても僅かな誤差や釘打ち精度の違いが生まれ、耐震性を下げる要因となります。
コーチパネルは工場で生産され、1/10mm単位の精度で設計通りの強さを持った品質のパネルを生み出します。工場生産で出来上がった状態で現場に納品されるため、施工スピードも早まり、施工途中で雨に濡れる心配も少なくなります。

  • 製造工程1

    独自のCADシステムで建物に合わせて正確なパネル展開図を作成

  • 製造工程2

    1/10mm単位の高精度で面材をカット。無駄が少なく地球に良い

  • 製造工程3

    フレーミングマシーンにより、正確にフレームを組み立てる

  • 製造工程4

    自動釘打機で正確な位置・圧力で釘打を行い、高い壁倍率を実現

制震ダンパーで揺れを軽減

制震ダンパー

地震や台風による建物の揺れを軽減する「制震ダンパー」を標準装備。
建物の倒壊を防ぐだけでなく、壁などの損傷を抑えることもでき、繰り返す地震や台風に効果的です。
揺れを吸収するので人が感じる恐怖感も少なく、ご家族に安心を与えます。
施工性が高く、設計の自由を損なうことなく、約60年にわたり効果を発揮します。
※住友ゴム工業株式会社の制震装置をご用意しています。
※オプション仕様です。

建物の耐力を高め、揺れを分散「ベタ基礎」

ベタ基礎

建物の荷重を地面に対して面で支える「ベタ基礎」を採用。
建物の荷重を基礎全体で分散して受けとめ、不同沈下を抑えます。
地面をコンクリートで覆うことにより、
地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリ(害虫)の侵入も防ぎます。

全邸壁量計算を実施

HOLIDAYSの建物は、壁量計算を実施しています。
木造住宅は他の工法に比べて、
間取りの自由度の高さから耐震強度の強い部分と弱い部分が生まれます。
地震に弱い建物とならないように設計段階で住宅の壁量計算を実施しています。

全棟地盤調査を行い、適正な地盤改良を実施

地盤改良を実施

地盤が弱いと不同沈下を起こし、地震時に建物への被害が拡大する要因となります。
そうした被害が起きないよう、地盤調査をしたうえで、地盤の性質にあった地盤改良を行います。
その土地に最適な地盤をつくることによって、より長く安心して暮らせる家を提案しています。

POINTHOLIDAYSの家づくり

CONTACT USHOLIDAYSへのお問合せ